太陽光発電を導入する際に最低限知っておくべきこと

太陽光発電をこれからはじめようと考えているけど、どうしたら良いかわからない。さまざあまな疑問があるかと思います。そのため太陽光発電について少なくても知っとくべきという内容をまとめてみました。

●太陽光発電の向き不向き
太陽光発電は向き不向きがあります。

太陽光の名前通り、太陽の日照時間がそのまま発電量に左右されます。

必然的に日照時間が少ない地方、例えば東北地方を代表とされる雪国は向きません。さらに雪自体が太陽光パネルの上に積もってしまえば、日光を遮ってしまい発電もできなくなってしまいます。

また悪くすれば太陽光パネルが雪の重みで壊れてしまうこともありえます。

もちろん各社は耐雪パネルも開発していますし、日照時間が少ない中でもより効率的に発電する仕組みをもったサービスを提供してくれますが、総合的にみて割高になる場合もあり、自分の住まいとその環境を調べてから購入すべきでしょう。

●太陽光発電は手がかからない
手がかからないというのは正しいです。

雪が積もってしまうのを除けば、基本的にメンテナンスフリーではあるため、掃除などという細かい作業は必要はありません。

しかし、最近の太陽光発電はシステム化され記録も取れるようになっていますので、月々の出力の発電量ぐらいは確認すべきでしょう。発電が一切できなくなったということであれば、すぐに故障として現れるのでわかると思います。

しかし、少しずつ出力が落ちていくような故障では毎月の確認を怠れば、気づくのが遅れてしまいます。

●メーカー選び
以前は補助金の関係で雨後のたけのこのように格安で太陽光発電の設置を謳っているところがありました。

もちろん、きちんとした業者もあるのでしょうが、太陽光発電や電気についてほとんど知識もなく、ただ設置だけが出来るという会社も存在していて、後は何が起きても対応できない・しないというところもあったそうです。そのためメーカー選びは慎重になさって下さい。

ここでは具体名は出しませんがネットで検索して上の方に出てくるのをお薦めします。多少割高になってしまうかもしれませんが、基本的に長期保証をしてくれますので、長期でみればお安くなっている場合もあります。

どうでしょうか、最低限知っておくべきだということを厳選してお伝えしました。もしその気になったらこれを気に導入をお考えになってはいかがでしょうか?”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です