太陽光発電をする時に知っておきたい専門用語や発電の仕組み

太陽光発電をする際に知っておかなければならない知識がたくさんあります。設置する際の費用の概算を出すのに必要ですし、何か問題があった時に故障箇所を突き止める際にも重要になってきます。ここでは太陽光発電を行うのに必要な用語や機器について簡単に説明していきます。

まず大切なのは太陽電池についてです。太陽電池は2つの電極板とシリコン製の半導体から成っており、ここに太陽光が入り込むと電極を電気が流れるような仕組みになっています。シリコン製以外の半導体を使用する場合もありますが、世界の主流はシリコン製となっています。また太陽光が太陽電池にあたった時に起こる反応のことを光電効果と呼びます。

このような太陽光を電気に変える仕組みを備えた部品をセルと呼び、このセルが何十枚を集まって敷き詰められてガラス板で覆われたものがモジュールと呼ばれます。通常、太陽光パネルを購入するときには、このモジュール単位で購入することになります。太陽光パネルと呼ぶものは、このモジュールのことを指していることを覚えておくと良いでしょう。

次に大事なのは接続箱と呼ばれる箱です。ここには太陽光パネルとつながった電線が一箇所に集められます。電線がぎっしりと詰まった箱が接続箱で、この電線を伝わっていく電気はさらにパワーコンディショナーと呼ばれる機器につながっています。このパワーコンディショナーでは直流の電気を家庭で使えるような交流の電気に変えるインバータのような役割を果たしています。

この後、分電盤と呼ばれる電気を小分けにして配る装置で交流の電気が複数の箇所に送られるようになるのです。太陽光発電で得た電気を売電する場合は、この分電盤によって電気が自宅以外に振り分けられることになります。
また太陽光発電で発電して余った電気を貯めておく機器があります。これは蓄電池と呼ばれており、容量が決まっています。この蓄電池に貯められた電気は災害時などに非常用として使うことができるので、非常事態用に一つあると便利な装置と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です