自然の恩恵でもある太陽光発電について感じる事

現代の日本社会においては4月から電力の自由化が導入され発電に関して多くの方が関心を寄せるなど注目されていますが、日常生活においてスイッチを入れれば電気が灯りお米を炊く事ができるのも電気のおかげである事を忘れてはいけません。
発電方法には風力、火力、地熱、原子力と様々な方法がありますが東北大震災の原発事故以降は顕著に自然エネルギーへの関心が高まり安心で安全なクリーンエネルギーとして需要も高まりつつあります。

法人、個人問わず広大な敷地いっぱいに設置された太陽光パネルから生み出される太陽光発電のクリーンエネルギーはまさに自然からの恩恵であり個人の住宅にも太陽光パネルを設置する家庭も増えているのが現状です。

またオール電化で電力を購入するという発想から電力を生み出し余った電力を買い取ってもらえるなど電力の自由化に伴い従来のような1社だけとの契約でなはく選択肢が増えた事でもより多くの関心を抱くようになった方も多いでしょう。
太陽光発電の課題について考えてみると燃料費や設備管理費などのコスパから比較してみても太陽光発電はパネルを設置するだけで費用も抑える事ができる事は将来的にみても経済的、安心、安全にもつながりますが全ての電力を補えるほどの発電量には至りません。

また昨年の9月に発生した喜怒川の決壊事故では業者が無許可で自然堤防を掘削し太陽光発電のために危険な場所に設置したパネルによって氾濫などの大きな被害が出た事も忘れてはいけません。
無毒、無害のクリーンエネルギーである太陽光発電は人類にとって不可欠な発電方法である事は間違いありませんし、研究も進み最近では雨天でも雨水を利用して発電する画期的な再生可能エネルギーの開発もなされています。

また太陽光発電のパネルがついた街灯用の照明ポールやコインパーキングに至るまで企業や個人住宅のみならず様々な場所に設置されており、ソーラーカーや停電時の為の蓄電としても利用する事ができますので市場は今後も拡大の一途となる事が予想されます。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です