今後、太陽光発電は普及するのでしょうか

今後、太陽光発電が普及するのかどうかという事ですけど、私はするだろうと思います。やはり太陽光というのは一日のうち半分ぐらいは出続けている物ですし、そのために何か燃料が使われるという訳でもありませんから効率が良いんですよね。問題は夜間に関してですけど、その問題さえクリアできたら確実に普及すると言っていいでしょう。もっとも電力消費量が多くなるのは太陽光が出ている間だという事は意識しておかなければいけません。

特に夏場のエアコンの電力消費量が多いのです。太陽光発電が普及すればこの負担を一気に減らすことができるでしょう。夜間というのはそもそもの電力消費量がとても少なくて済むのです。この頃は蓄電池の性能が極めて高くなってきているので、昼間に太陽光発電でためた電気を夜間に少しずつ使うというのが当たり前になるような気がします。果たしてそんな風になるだろうかと思うかも知れませんが、身近な例としてノートパソコンなどもありますね。

ノートパソコンの場合、フル充電で数時間程度はもつかと思います。これと同じ様に他の各家電類にも蓄電池を使うようにすれば夜間の発電は基本的にはしなくて良いという風になるかも知れません。完全になくなるというまでにはまだまだ時間が掛かるかも知れませんが、それを大幅に減らすという事は可能でしょう。そうこうしている内に石油や石炭などが生み出す電力の需要が少なくなって、自然な形で太陽光発電が普及すると思うのです。

後はこの商売を始めるかどうかというだけの話だと思います。最初の投資は多少お金が掛かるかも知れませんが、太陽光自体は無料のものですから、やがてはその初期投資分を回収するに至るでしょう。そうなればそこからは利益ばかりになる訳ですから、電力会社的にも美味しい思いをできると思います。何事も早めに始めるという事が得だと思うので、今のうちに広めの土地を買い占めておいてそこに太陽光パネルを並べておいた方がいいのかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です