安全性が高いと言われている太陽光発電

他の発電方法に比べで太陽光発電が安全だというのはそれなりの理由があります。他のものと根本的に発電する仕組みが異なっているからなんですね。

火力にしても原子力にしても水を沸騰させて、その圧力でタービンを回しているというのが基本です。そのため大規模な工場の様なものが必要になり、燃料を絶え間なく燃やし続けたりする等しなくてはいけません。そうやって24時間、何とかかんばって電力を供給しているという訳なのです。

しかし太陽光発電の場合ですとその様な大掛かりな設備というものが必要ではありません。本当にシンプルな仕組みで電力が作られているんですね。水を沸騰させたりする必要もありませんから、設備自体も大きくならずに済むのです。実際に太陽光パネルが並べられている現場を見たことがある人はお分かりだと思うのですが、平面的なんですよね。

他の発電所ですと大抵の場合、ちょっとしたマンションであるとかビルの様な雰囲気を漂わせているのですけど、こちらはそうではありません。

また2011年には東日本大震災による原発事故が起きました。これによって周辺住民が避難せざるを得ないという状況が生まれたわけですが、太陽光発電の場合ですとその様な避難は当然の事ながら一切不要という事になります。

これから高齢化社会だと言われていますから、足の不自由のお年寄りも増えるという事を考えると、やはり避難が不要である太陽光発電所か今後各地に作られるのが理想的ではないでしょうか。

問題は発電できる電力があまり多くないという事です。ただ今後はパネルの改良に加えて、広大な土地で発電を行う事によって問題が解決する可能性が高いと考えられます。

資源が少ない国である日本が、完全に自前の設備のみで発電できるという時代がもうすぐそこまで来ています。なるべく早い内に実現させた方がいいでしょう。そうした方が電力の安定供給はもちろんの事、大規模な災害が起きた時などの安全面からみてもいいですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です