太陽光発電のメリットやデメリット

昨今住宅街を歩いていると屋根にソーラーパネルが輝いている家を見かけることが増えてきたのではないかと思います。

ソーラーパネルが設置されているということはすなわち太陽光発電を行っているということでしょう。

太陽光発電とは太陽のエネルギーを電力に変える発電方法です。ソーラーパネルを用いて発電をしていることからソーラー発電と呼称されることもありますが、どちらも同じものとして捉えて問題ありません。企業はもちろん、昨今では家庭にも太陽光発電が普及しつつあります。

太陽光発電のメリットはなんといってもそのクリーンさです。火力発電などは石油を燃焼することによって電気を生み出しているので、どうしても二酸化炭素やその他の有害物質が発生してしまいます。

その点太陽光発電では太陽からのエネルギーを電力に変換しているため地球に有害な物質を排出することがありません。水を利用した水力発電や風を利用した風力発電と同じ再生可能エネルギー発電なのです。

また、仕組みが比較的簡単にできているので設置するのも簡単で、メンテナンスもスムーズに行うことができるという利点もあります。ソーラーパネルは設置するだけで特に可動する部分はありませんので、パーツの消耗も少ないのです。自宅で電気を作ることができるので電気代の節約にもなりますし、余剰に作られた電力は電力会社に販売することが可能という経済的なメリットもあります。非常時には電力源として機能してくれるという安心感も持ち合わせています。

物事にはメリットだけでなくデメリットも存在しているというのが世の常ですが、当然太陽光発電にもデメリットがあります。まず設置費用が高額であるという点です。業者をしっかりと選べば多少値段を引き下げることも不可能ではありませんが、それでも高価なものには変わりありません。また、導入しても天候に左右されるので十分な電力を作り出すことができない場合があります。

上記に挙げた以外にもメリットとデメリットは存在しているので、それらを把握したうえで利用していきたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です