電力自由化に合わせた大規模太陽光発電による電力供給に期待

東日本大震災における原子力発電事故を機に、電力消費の削減と再生エネルギーに大きな期待が寄せられました。当初設定された買い取り価格が高かった事もあり、家庭用の太陽光発電はそれなりに普及してきました。

しかしクリーンエネルギーの考え方に賛同でも、マンションであったり、十分な太陽光が得られなかったり、賃貸住宅であったりすると、自分で家庭用の太陽光パネルを設置する事ができません。

そんな人にも、太陽光発電を応援する意味も込め、太陽光発電で供給される電力を購入できるようになったのです。所謂メガソーラを持つ企業から電力を購入すると言う選択が可能となりつつあるのです。しかしメガソーラで電力を供給し、地産地消の考えでクリーンエネルギーに取り組む企業はまだまだ少なく、どこの地域でもこうした企業から電力を購入する事が出来ないのが残念です。

一部の地方自治体では、空き地の有効活用と電力の地産地消を目的に、メガソーラ事業を始める所が現れて居り、こうした取り組みも太陽光発電の普及にとっては有効だと期待できます。

しかし遠くの原子力発電や水力発電や火力発電施設から送られてくる電力に頼っていた大都市圏では、一気に太陽光発電を普及させる決め手に欠けると言うのが現実の様に思われます。知恵を絞る企業の出現が待たれる所でしょう。

自前で太陽光パネルを設置できない家庭では、電力自由化で電力料金がいくら下がるかに関心が集中し、また参入企業の多くは通信やガスや様々なサービスとのセット割りで顧客を囲い込む事に熱心で、エネルギーのあり方を前面に出して電力自由化に臨む企業が極めて少ないのが残念です。

電力自由化に関して、余り語られる事はありませんが、実は現在の石油や天然ガスによる火力発電中心では、電力自由化によって電力料金が現在よりも上がる可能性もあるのです。これまでの電力会社は、価格をある意味で国によってコントロールされていたものが、自由化によって原油や天然ガスの輸入価格が高騰すれば、自由に価格を上げる事も逆に自由になったからです。

しかし現状では単価が高い太陽光発電は、エネルギー源が太陽光であり、世界の政治や社会現象の変化で価格が大きく上昇する危険性は少ないのです。こうした点も前面に押し出し、メガソーラによる電力供給会社が、多く参入される事を期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です