太陽光発電の寿命はどれぐらいなのか

日本にとっての希望とも言える太陽光発電ですが、肝心の太陽光パネルの寿命というのがどれぐらいなのかというのは気になるところです。まだ本格的な発電が始まってから日が浅いという事もあり十分なデータが揃っているとは言いがたい面もあるのですが、それでもそれなりの歴史というものがありますから、その中からある程度の推測は可能かと思います。

例えばある会社は30年ほど前から太陽光パネルでの発電を行っており、その研究結果を公表しているのですが、当時と比べて発電効率は10%程度しか落ちていないのだそうです。

ここから後どれぐらいもつのか?というのは使い続けてみなければ分からないのですが、少なくともこれだけ長時間使い続けているにも関わらず、いまだに発電する事ができるというのは非常に重要な事ではないでしょうか。発電というのは当然の事ながらコストというものが関わってくるわけです。これが安ければ安いほどいいという事になるのは当然の話でしょう。太陽光パネルを交換する事なくずっと使い続けるのがもっとも理想的だと思います。その可能性が高まっているということが現段階においてもある程度証明できている訳です。

それだけ前に作られたものが現在も使える状態である事を考えると、今後の太陽光発電は非常に明るいものになると言えるでしょう。当時よりも遥かに発電効率が高くなり、更には耐久性も上がっているはずだからです。僅かな電力会社が限られた発電方法で国民に電力を供給する状況が続いている訳ですが、これを大きく変える時代に突入していると言えるのかも知れません。

幸い2016年からは電力自由化という事で、太陽光発電の電力に切り替えるお宅もあるはずです。電気料金的にはそれほど大幅に変わらないという例もあるようですが、それよりも新しい技術を今後普及させて行くことに貢献する意味合いの方が大きいでしょう。どの様に電力業界が変わるのか、これからの太陽光発電に注目したいところです。

ユニエコの太陽光発電カーポート パナソニーク・フロンティア・リープトン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です